PRODUCTS

タカダ創美の製品案内

main img

TAKADASOUBI’s PRODUCTS

張替え・修理

劣化や破れ、気になる点は何でもご相談下さい!

テント生地は、紫外線を浴びることで少しずつ劣化していきます。最初は靭やかな生地が、古くなるとパリパリと紙のようになっていき、生地の破れや雨漏りなどを引き起こします。そこまで古くなくても、自然災害などで破れが局所的に発生してしまうこともあります。
弊社では、大型のテント倉庫や上屋テント・ジャバラテント、小型の日除けテントやオーニング等、種類を問わず素早く修理・補修に対応いたします。小さな破れには部分補修を、劣化や破れが進行している場合には張替えをご提案させて頂きます。妻や庇、本体の一部のみなどの部分的な張替えも可能です。
他社が施工した製品もお気兼ねなくご相談下さい。綿密な計測の上、テント生地を設計し対応いたします。

張替え・修理の特徴・メリット

オプション

修理方法

破れの度合いや経過年数によって、最適な修理方法が異なります。現地調査の後、よりよい方法をご提案させて頂きますのでお気軽にご相談ください。

選べる生地

高い耐候性を持ったウルトラマックスやハリケーン、不燃性のターポロン等、様々な生地を取り揃えております。もちろんこれ以外の生地も対応致しますので、お気軽にご相談下さい。

張替え・修理の実績紹介

今までご依頼いただいた事例を
ご紹介いたします。

ご注文の流れ

よくあるご質問

  • テント倉庫内に可燃物を保管したいのですが可能ですか?

    可能です。その場合膜材にFG8やターポロンなどの不燃材を使用いたします。

  • テント倉庫には税金がかかりますか?

    テント倉庫は建築物に該当し、固定資産税がかかります。

    こちらに詳しい記事がございますので、御覧ください。テント倉庫と税務について

  • 消防法による規制はありますか?

    使用目的や内容物・面積によって、消火器や自動火災報知器などが必要となる場合があります。
    また、テント倉庫に使用する膜材のうち、消防ラインに含まれる範囲を不燃材にすることでテント倉庫の設置が可能となります。
    詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。

コラム

CONTACT

設計・製作・建設についての
ご質問・ご相談など、
何でもお気軽にお問い合わせください

0120-269-677 受付時間:8:00〜17:00(土日祝休)